【写真旅行記】今年のお盆休みは南房総に行きました

2020年9月24日

こんにちは、KIYOです。
今年の夏は車で南房総に行きました。
コロナの影響で外出自粛ムードのため行くかどうか迷いましたが、少人数で基本的な感染症対策を行って海や山のような開けた空間を楽しむ分には大きな問題はないと考え行くことにしました。

今回のメンバーは大学時代の部活の友人で、私を含めて合計3人です。
一人は部活自体も同じでもう一人は隣の部活の子です。

出発(船橋 -> 海ほたるPA)

出発地は船橋から車を借りて出発しました。
単に私の所在地と近いことと他の2人もそこまで遠くなかったためです。

船橋から出発するとなると、通常は京葉道路を利用しますが土曜日でいつも通り幕張インター付近で渋滞が発生していたので、いったん上りアクアライン経由で行くことにしたのですがこれが失敗でした。

アクアライン入り口までは渋滞することなくスムーズでしたが、アクアラインへ入る分岐で7Kmほどの渋滞にはまりました。
だいたいここで渋滞します。

海ほたる到着

海ほたるに到着しました。
本日は最高気温37度の猛暑日です。

駐車場は混雑している様で臨時駐車場に回されました。

マザー牧場

今回の旅の趣旨は
「海と山を感じたい」
との2人からのオーダーだったので、まずは山を感じるべくマザー牧場に向かいました。

到着予定時刻より2時間ほど渋滞で遅くなり14時ごろに着いたと思います。

実はマザー牧場に来るのは成人してから2回目です。
しかも同じ部活のT村(仮名)とも2回目です(苦笑)

ランチ:ジンギスカン

ランチはジンギスカンにしました。
放送局に努めるYちゃんは
「私は仕事でこの前2万円の高級ジンギスカン食べたから~」
みたいなこと言ってましたがT村くんの強い要望で決まりました。


、、、ちなみに誰も正しいジンギスカンの作り方を知らずBBQみたいになってしまい食べ終わってから正しい作り方を知ったのは秘密です。

動物たち

すみません、画像を張り間違えました。
断じて産地直送肉!みたいなジョークではありません。

うさぎもノビる37度の殺人的猛暑

うさぎは37度の猛暑でも稼働させられています。

その他のアニマルズ

草食ってんじゃねえ


園内の様子

体感的には人は少ない印象でした。
新型コロナウィルスによる自粛と、37度の猛暑が相まってのことだと思います。

夏を楽しむにはもってこいの晴天のお盆休みにこんなに空いていることの異常性を感じながら少し複雑な心境になりました。






マザー牧場 -> 富津岬

さて、マザー牧場を楽しんでいたら17時くらいになりました。
このままでは本日の目的の1つ、「海を見る」が達成できずに暗くなってしまいます。

海を見ることを強く要望していたYちゃんが憤慨していたため名残惜しくもマザー牧場を後にします。

もともともっと南の海を見たかったのですが、帰り道の海で適当な海ということで今回は富津岬を目指すことにしました。

富津岬に到着、駐車場でBBQをするパリピに怯える陰キャたち

マザー牧場から車で1時間ほどで富津岬に到着しました。
最寄りの駐車場の収容台数は20台~30台ほどでしょうか。
あまり多くはありませんでした。

富津岬の駐車場に着いてみて驚いたのは、多くの人々が駐車場の駐車スペースで机を広げてBBQしているのです。
車が来てもお構いなしでまるで私有地と言わんばかりの顔です。

海と夕日

海に映る夕日は非常に綺麗でした。






ディナー

ディナーは海鮮を食べました。
南房総は海戦が美味しいのです。

帰路:海ほたるで夜景

帰路は行きと同じく海ほたる経由で帰りました。
少し時間があったので海ほたるで夜景を見ることにしました。




星が見える

夜の海ほたるは人が少なく、また星が見えました。

まとめ

仲の良い友達と綺麗な景色を見るとリフレッシュできますね。
楽しい旅でした。(一日中運転は疲れたし若干日射病になりましたが)