ノートPCをデスクトップ化!「Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock ドッキングステーション」レビュー。 Surface Book3 やMacBook Pro でトリプルディスプレイ環境を実現できるのか検証

2022年3月15日

はじめに

自分のPC環境はトリプルディスプレイ環境なのですが、ノートパソコンで外部ディスプレイ出力をしようと思った時に少し困りました。保有しているノートパソコンはSurface Book3 とMacBook Pro(2018)なのですが、どちらもHDMI出力ができず外付けドックが必要になります。

外付けドックの中でもトリプルディスプレイ環境に対応したものは商品が少なく、調査の末「Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock ドッキングステーション」を購入したので簡単にレビューしようと思います。

  • MacBook Pro Surface Book3 でAnker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock ドッキングステーション は利用できるのか
  • MacとWindows での使い勝手の違い

などを知りたい方には有益な情報を提供できるかと思います。

Anker PowerExpand 13-in-1 USB-C Dock ドッキングステーション

ご購入はこちらの画像から!

特徴

  • 4K 出力可能なHDMI・Display Port を合計3ポート搭載(HDMI×2, DisplayPort × 1)
  • 85W出力と18W出力のUSB-Cポートを搭載
  • USB-Aポートを3ポート搭載
  • 1Gbpsの優先イーサネットポート搭載
  • 3.5mmイヤホンジャック搭載
  • SDカードスロット搭載(フルサイズ・MicroUSB)
正面
斜め前
背面端子類
側面。Ankerのロゴがある。
電源。結構デカいです。
電源コネクタ
電源コネクタ
付属品一覧。PCとはUSB-Cで接続

複数画面出力が可能

上の画像の通りですが、

  • Windows は3画面まで拡張可能(要専用グラフィックカード)
  • Macは1画面までしか拡張不可(マルチストリーム非対応)

となっています。Macで利用する場合は注意が必要そうです。

 

Surface Book3 では3画面出力できた

結論ですが、Surface Book3 では3画面への出力ができましたがあまりお勧めはできませんでした。

理由としましては、Surface には熱暴走時にブルースクリーンが発生する(筐体保護のための仕様)という致命的な問題があるのですが、グラフィック性能をフルに使うためかかなり発熱します。

結果として、ブルースクリーンが頻発し実用に耐えうるモノでは無いと感じたためです。

MacBook Pro(2018)も3画面出力できたがマルチストリームできないのであまり意味がない

MacBookProでも3画面出力可能だったのですが、マルチストリーム(画面拡張)は1画面までしかできないため同じ画面が2枚表示されることになり、ほぼ3画面出力の意味が無いです。

また、2枚以上の外部ディスプレイ出力をした場合のメインディスプレイの指定ができない(どのディスプレイに拡張して・どのディスプレイに画面複製するのかの設定ができなかった)のが致命的だと思いました。

もし自分が設定を見落としてるだけだったら教えて頂きたいのですが、調べた限りMacの環境設定からは変更できそうになかったです。

ご購入はこちらの画像から!

まとめ

あくまでも個人的な調査の結果の総評ですが、

  • 3画面出力に対応するグラフィック性能を有するWindows ノートPC用なら買い
  • MacBookではマルチストリーム(画面拡張)が2枚以上できないので不適
  • Surface Bookのトリプルディスプレイ環境に憧れて購入したが、結局ディスプレイ環境しか使わないのでオーバースペックだったかも
  • 本体はコンパクトだけど電源がデカくて結構邪魔

という結果になりました。