ルパン三世 THE FIRST を観てきたので感想など

こんにちは、本日は仕事納めでした。
定時ダッシュして暇だったのでかねてより観たかったルパン三世 THE FIRSTを観てきました。
彼女も誘ったけど、「興味ない」とのことだったので一人で観てきました。
それでは感想など。一応ネタバレ注意です。

映画館でルパンを観れる感動

まず、内容どうこうよりも、やっぱり映画館の大スクリーンでルパンが観れることに感動しました。
大音量で流れる大野雄二のルパン三世のテーマで始まるオープニングが始まったとき、鳥肌ものでした。

ここの次元ちゃんめっちゃいい

優しいおじさまルパン

今作の監督を努めた山崎貴さんのコメントを読んでいると、どうも「ルパン三世 カリオストロの城」を強くリスペクトしている旨のコメントをしており、実際作中カリオストロの城のネタがいくつか散見される。
(予告状に「ごくろうさん」、坂道ダッシュして大ジャンプ、ルパン三世のテーマ80のアレンジで始まるカーチェイス、など)
なので、家族で映画館で観に来ても場が凍るような場面はなく、安心して観れる「万人受けルパン」が今作のルパンだ。
ハードボイルドな「LUPIN THE ⅢRD」シリーズや1ST信者にはやや受けないかもしれない。

ちなみに、コンセプトは

子供から大人まで楽しめるものの、国内外問わず楽しんでもらえるルパン子供から大人まで楽しめるものの、国内外問わず楽しんでもらえるルパン

らしい。
ちなみに作中ほとんどルパンはワルサーを使わないです。
そこもカリオストロっぽい。

ストーリー自体は普通

ストーリーは1970年代のフランスを舞台としている。
やや時代背景を考えるとおかしな装備がでてきたりするが、そこはあまり重要ではない。
お話は「悪者が財宝の在り処が書かれたキーアイテムを狙っておりそれをルパンが盗みルパンが謎を解きながら女の子を助けて悪者を倒す」という、近年のTVSPでありきたりな感じ。
カリオストロを強くリスペクトしているだけあり、ヒロイン要素も強い。
ハッピーエンドなので安心して観れる。

3DCGの中で生きるルパン

最近のディズニーとかもそうだけど、3DCGが凄かった。
というより、キャラデザが良かった。
キービジュアルを見た段階では「なんでルパンに髭?」「次元髭濃すぎでは」「なんかルパンぽくない」みたいな印象だったが、実際動いてる3DCGの中のルパンを見ると、それは紛れもなく「ルパン」だった。
50年という半世紀もの時を越えて、ルパン三世が現代に生きる姿を見て感動してしまった。
ちなみに、ルパンのキャラデザが決まるまでにこんな感じの案があったらしい。
(映画パンフレットより)

はじめはアニメのルパンから寄せ始めたみたいだけど、最終的には完全に3D オリジナルルパンになったなーって印象。
でも非常に良く纏まっていると思う!
どのシリーズのルパンでもないけど、紛れもなくルパンって感じ!!
(マモーのハンガーのような肩、細長い棒の様な足、カリオストロのような優しい顔立ち、どことなくダンディな雰囲気が最高、北川先生のサル顔ルパンは好かん)

最終的には赤ジャケットに纏まったけど、構想段階では1STの緑ジャケット、PART4のライトブルージャケットなどもあったんだね。
個人的には近年のルパンではPART4のキャラデザが好き。

次元の構想段階の絵も載せてよぉぉぉ!!!!!!!!!
(今作の次元の帽子を脱いだ姿はオールバック!イケメン!かっこいい!!)

五エ門はPART4 が近いのかな。不二子ちゃんは....可愛いね。
(パツパツの服がEROい)

銭形警部…なんかゴリラっぽい。
(最終的な3DCG はかっこいいです)

レティシアかわいい

今作のヒロインレティシア。

演じるのは広瀬すず。そら可愛くなるわな。
ちなみに監督のラフスケッチは

...絶対広瀬すずに寄ってる。

カーチェイス

ルパン三世のテーマ80のアレンジで始まるカーチェイス。
ルパンを助ける次元の走らせる車はFIAT500。運転テクに惚れるし冷静にマグナム撃つのカッコよすぎ。
映画館で見たときは鳥肌だった。

小林清志演じる次元大介

今回、収録を先に行ったため2017年に収録を行った音声を用いているらしい。
なので、小林清志さんの声が少し若かった。
(それでもだいぶおじいちゃん声になってしまっていて、正直今回の若々しいビジュアルの次元には合わないと感じてしまった)

と、言うのも最新TVSPの「ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パスト」が金曜ロードショーにて放送された際、Twitterにて「次元の声がおかしい」ってツイートが多く見受けられた。
実際、ルパン三世 プリズン・オブ・ザ・パストの次元の声は酷かったと思う。
もちろん、小林清志さんには本人が望む限り次元大介でいてほしいし、それを応援したい。
けど、あんな声を聞かせられたら不謹慎ながら「もう小林清志の次元大介を長くは聞くことができない」ってことを感じてしました。
だから、少しでも元気な小林清志の次元大介を聞けて嬉しく感じた。
ちなみに、ルパン三世の声優初期メンバーではもう次元大介の小林清志と峰不二子の2代目声優さんしかご存命ではない。

総評

やっぱルパンは最高だな!
次元のシーンもっと増やしてほしかった