仕事用とプライベートで使ってるMacで使えるオススメのキーボードを自慢します

2019年11月3日

こんにちは、Kiyoです。

今日は自分が仕事とプライベートで利用しているキーボードを紹介してみようと思います。
仕事柄毎日利用するものですので、少し拘ったものを利用しているつもりです。
また、Macで使えるいい感じのキーボードを探している人の参考にもなれば幸いです。 それではよろしくお願いします。

ProgresTouch RETRO TKL

 

自分が初めて購入したメカニカルキーボードです。
もともとプライベート用のMacで利用していたのですが、現在は会社に以ていって職場用として利用しています。
Windows用配列ですが、Macでも利用できます。 少々値段が張りますが、一番気に入っているキーボードとなります。
⇛公式サイト

ProgresTouch RETRO TKL

特徴

  • キーの摩耗に強い
    ⇒実際半年ほど毎日仕事で利用していますが、全然摩耗しません。
  • メカニカルキー
    ⇛メカニカルキーの方が個人的には打鍵感が好みです。
  • CHERRY MXスイッチ搭載
    ⇒私は黒軸のタイプを購入しました。

    • ※黒軸:押鍵する力がキーストロークに応じて直線的(リニア)に変化させるメカニカルキー
  • 打鍵感はカチャカチャと気持ちいい打鍵感。
    打鍵音はややうるさい
  • テンキーレスだがHomeキーなどがあり、ほどよいコンパクト感
  • 配列はこれといった特徴もない普通の配列 (キー数:87キー)
  • Mac用モデルは未発売
    ⇒Windowsキーがあるので見た目がダサいが我慢できるなら凄くいい
  • 適度な重量があり、打っている最中にずれたりすることはない
    耐久性が高く剛性があり、安定感ある
  • 背面に配線を収納する溝が彫ってある
    ⇒配線の取り回しが容易

    ProgresTouch RETRO TKL
  • ステップスカルプチャー
    ⇒人間工学を意識して設計されており打ちやすい
  • キー入力の切替・制限等に便利なDIPスイッチ付き
    ⇒あんまり使うのかわからないけど

    ProgresTouch RETRO TKL
  • 脱着式ケーブル(microUSB)
    ⇒地味に便利

打鍵音

動画にしてありますので、参考にどうぞ。

購入リンク

HHKB Lite2 for Mac - PFU

ProgresTouch RETRO TKLを会社用にしてしまったので、次に購入したのがこちら。
メカニカルキーではなく、メンブレンスイッチ方式。

最近の平たいキーボードより、厚みのある古いデザインのキーボード派なので、こちらを購入。
また、テンキーは使わないのでコンパクトタイプを探してこちらにしました。

Mac用配列のキーボードでテンキーレスかつ平たくないキーボードってあんまり選択肢が無いんですよね。
同社の上位機種も検討しましたが、廉価版のこちらで妥協。
メルカリで2000円ほどで入手しました。

⇛公式サイト

HHKB Lite2 for Mac - PFU

特徴

    • メンブレンスイッチ
      ⇒スコスコとメカニカルキーと比較するとややカチャカチャ感が無い

  • シリンドリカル
  • ステップスカルプチャ
    ⇒人間工学に配慮されているがややキーの高さが高いのとキーストロークが重くて長時間打つと疲れる
  • USBハブ機能
    ⇒マウスレシーバを指すのに地味に便利
  • 独特のキー配列(ショートカットキーなどもHHKBのキーボードは独特です)
    やや使いづらい。慣れが必要。DeleteキーがFnctionボタンと併用しないといけないなど。

購入リンク

 

Apple Magic Keyboard

最後にApple純正Magic Keyboardです。
なんだかんだ純正品が良いって意見も自分の中にあります。

APPLE MAGIC KEYBOARD-US

特徴

  • 純正品。MacBookのキーボードをそのままキーボードにしましたって感じ
  • 非常にソフトな打鍵感
  • バッテリーの持ちがいい
  • スタイリッシュでシンプル。ワイヤレスなので机の上も綺麗になる
  • Macに見た目がマッチする(当たり前体操)
  • お洒落な気分になる
  • 部屋がお洒落風になる
  • 打鍵感はいい。疲れず長時間打てるが、メカニカルキー派の人は嫌いかも