新卒で入社した大手独立系Sierの退職エントリを今更書いてみます

2019年11月3日

こんにちは、Kiyoです。

2019年の8月、工学(情報)の学士卒後に入社し、1年と5ヶ月程務めました独立系の大手Sierを退職しました。ネットワーク関係の事業部署でした。私が何故転職する事に決めたのか、自身の振り返りの意味を込めて退職エントリを書いてみようと思います。

会社の概要

会社の特徴を紹介しておきます。

  • 東証一部上場企業
  • 7000人規模
  • 独立系Sier
  • 新卒採用数は300〜800人と大量採用
  • 全国展開してる

振り返り

入社まで

中学生の頃に自作PCにハマり、将来はIT関係の仕事に就こうと漠然と考えていました。大学進学の頃にはその想いは強くなり、大学では情報系の学科へ進学します。プログラミング自体は大学では始めましたが、Webアプリケーション開発演習の授業で提出した課題が授業で紹介されるなど、悪くない成績でした。(と、言っても中の上くらい)4年時の研究室はコンピューターグラフィックスの研究室に入り、モーションキャプチャーを用いた研究をしました。就職活動では、色々な業界の業務知識を積みながら開発の経験を積めると期待して、Sierを志望していました。Web系はあまり受けませんでした。ITでモノづくりをしたいという想いが強かったです。

今思うと、就活の頃に業界研究をしっかりしていればSierを選ぶことはなかったんでしょうが、会社説明会での

「開発できます。」

の言葉を信用して、内定を得たこの某Sierに入社することに決めました。

入社後

入社後、2週間に渡り800人の同期と社会人マナー研修が行われました。
その後、30人ほどずつのクラス分けが行われてWebアプリケーションの開発演習の研修となりました。だいたい2週間ほどでした。

研修の内容は、JavaとMySQLで簡単なWebアプリケーションを作成するというものでした。
特にフレームワークを使うという事もなくJSPで開発しました。

研修自体は富士通系列の研修代行会社に外注していた様でした。

部署配属後の研修

社会人マナー研修2週間と技術研修2週間の合計1ヶ月の研修を終えると部署に配属されることになりました。

研修で仲良くなった同期とも離れることになります。
(全国で散り散りになりました)

私が配属されたのはネットワーク系の事業部署でした。
正直、ネットワークの部署は希望していませんでしたし希望はWebアプリケーションやスマホアプリの開発でした。

部署配属後いきなり案件!

…ということではなく、1〜2ヶ月は研修でした。
参考サイトとPDFを渡されて、

「これやっといてね。」

で終わりでした。

内容は、Java,Pythonのプログラミング基礎雑誌のPDFファイルと、DjangoというPythonのフレームワークとJavaのSpring Frameworkの資料もありました。(あとはSpring Frameworkを用いた簡単なWebアプリケーションの作成課題など)
他には、Linux基礎、CCNAの資格試験用の資料と、Virtual Boxを用いたネットワーク仮想化環境の構築課題、OpenstackというOSSのクラウドを構成するためのソフトウェアの資料がありました。

だいたい上記の内容を2ヶ月で自習しました。

ここでの自習でPythonとJavaの基礎知識、Linuxの基礎知識、ネットワークの基礎知識、インフラの基礎知識を学習できたと思います。

初めての案件配属

ほぼ毎日自習という異様さに転職を考え出していました。

そんなある日、案件にアサインされました。

受注先の会社はとあるネットワーク系大手の外資系企業の案件でした。

だいたい20人日でとあるWebアプリケーションへの機能追加を行う案件でした。言語はPytonで、FWはDjangoでした。

自分は設計と実装と試験を担当しました。

新人がメインでアサインされていた案件だったので炎上気味でしたが、なんとか無事に完遂しました。

客先常駐

そんなこんなでいくつかの案件を社内でこなして時間が流れて確か11月頃だったかと思います。

案件を受注していた先のネットワーク大手の外資系企業への客先常駐が決定しました。

客先常駐になってからは、色々な案件や作業をこなしました。

  • 英語でのドキュメント作成
  • KVMを用いたテスト用仮想サーバーの構築
  • Openstackを用いた試験用クラウド環境の構築
  • HA環境の構築
  • Pythonでのスクリプト作成
  • Javaソースコードを仕様書に落とし込む作業

だいたいこんな感じだったかと思います。

なんやかんやで年が明けて、2年目の3月が終わろうとしていました。

退職の理由

退職を意識し始めたのは、入社して直ぐくらいでした。
新入社員研修の技術研修のレベルの低さもそうですが、部署配属後の長い自習という名の放置プレイなども退職を考えた一因です。

ですが、最終的に退職の意識を決定的にした理由は、以下のようなものが主でした。

客先常駐(SES)という働き方が向いていなかった

まず、客先常駐という働き方が向いていなかったというのが大きいです。
案件や客先により勤務地や勤務形態が変化する不安定さや、客先でのプレッシャーなどです。

客先ので差別なども精神的に辛かったです。

客先常駐(SES)についての不満は他にも多々ありましたが、ここではこの程度にしておくことにします。

管理職以外のキャリアパスがない

自分の務めていたSierには、管理職になる以外で昇級の道がありませんでした。

自分は、ITでモノづくりをしたくてIT業界に来たのに、モノをつくらないキャリアパスしかないというのはモチベーションは下がる一方でした。

エンジニアとしての市場価値が上がらない

大手のSierは、請負案件の元請けになる案件も多いので、その様な案件では自社の社員にPMなどのマネジメントを任せ、プログラムの実装などはパートナー社員に外注するのが一般的でした。

なので、プログラムを触っても長くて3年です。
つまり、先輩社員はプログラムなどの基礎的な知識はあっても、エンジニアとして高い技術を持つ人は多くありませんでした。

また、SES案件ではスキルの身につくような面白いタスクではなく、簡単でスキルにならず、工数ばかり掛かるようなタスクが多かったです。

例えば、テスト工程をひたすらこなしたり、ドキュメントを作成したり、サーバーの監視をひらすらしたり…

このようなタスクを3年5年と続けていて、エンジニアとしての市場価値は上がるのでしょうか?

自分はそうは思いませんでした。

給与水準が業界平均より低かった

自分が務めていたSierは、他の東証一部上場のSierに比べて給与水準が低かったです。役職者になれば、平均程度の年収になりますが、新卒を大量に採用するので、非常に高い倍率の競争となります。

転職活動

自分は2年目の4月から転職活動を開始しました。
ポートフォリオとなるWebアプリケーションを自主開発で作成したり、定時退社後に転職活動をしたり、内定を得るまでの数カ月は本当に大変でした。
転職活動については「2年目SIerエンジニアがWEB系企業へ転職した話」でもう少し詳しくしているので、宜しければ一読下さい。

最後に

転職活動を無事終え、現在はWebエンジニアとして苦労しながらも、楽しく開発したりして働かせて頂いています。

現在の仕事を楽しめているのも、前職のSierで苦労した経験あってこそだと考えていますし、沢山の学ぶことがあり、Sierで働いていたことも非常にいい経験だったと思います。

まだまだ未熟でありますが、これからも一人前のエンジニアになるべく精進して行こうと思います。