2年目の新米Webエンジニアがここ1年で読んだ個人的にオススメの技術系の書籍を紹介します

2019年11月3日

こんにちは、Kiyoです。

自分はSIer1年、Web系1年の新米エンジニアです。
まだまだ技術的にも知らないことだらけで日々勉強中です。

今回は自分が新卒の頃から読んだ技術書で役に立ったなぁ、と思う技術書を紹介しようと思います。
ただ、自分はもともとネットワークエンジニアからWebエンジニアに転職したので、Webエンジニアにはクリティカルにヒットしないネットワーク系の本も含まれる事を予めご了承願います。

Webを支える技術

Webとは何なのか、Webの歴史背景からHTTP,URI,RESTなどのWebに携わる人なら毎日のように聞く用語の策定の歴史から知ることができて面白いです。
基本的なWebの技術を知ることができるので、一読の価値はあるかと思います。

CCNAの基礎が学べる本

CCNAというCiscoの資格の本ですが、ネットワークの基礎の資格なのでネットワークの基礎について学ぶにはうってこいです。
ただ、CCNAという資格がCiscoの機器に依存する部分も多いので(Cisco製ルータの操作なども出題されます)その点は注意が必要です。

3分間ネットワーク基礎講座

これは上記の本を読む前に読んだ本です。

Webとはインターネットワーク上で構成されるものなので、Webエンジニアでも一読の価値はあります。
というか、この程度のネットワークの知識はWebエンジニアにも必須かと思います。

まぁOSI参照モデルとか、各レイヤの役割とか、パケットの中身とかを意識することは少ないかも知れませんが、基本情報技術者試験にも出題される内容ですので取得を考えている人にもおすすめできます。

ネットワーク関連の知識が弱いなぁ。と考えている人には一読の価値はあるかと思います。

スッキリわかるSQL入門

ドリルで各セクションで学んだ事を確認しながら読みすすめる事ができるので非常に実践的です。

SQLがわからず困っている、知識不足を感じる人にオススメできます。

サルでもわかるGit入門

Gitって何?ってレベルから始める人にはオススメです。

(ややタイトルで煽られる気持ちになりますが非常にわかりやすいのでプライドは捨て去りましょう)

Java言語で学ぶデザインパタ-ン入門 

デザインパターン?...シングルトンなら知ってるよ!!!

って人には是非。

著者は界隈で有名な結城浩さん。

少し古い本ですが、デザインパターンの概念自体は昔からあまり変わりませんので問題ないかと。

ちなみに購入したのは大学の頃のデザインパターンの授業です。

日経ソフトウェア

日経ソフトウェアはWeb+DB Plusよりメディア的な内容の記事が多いのですが、Web+DB Plusより気軽に読めます。

最近の記事ですと、Pythonでエクセルを扱うライブラリの記事は実務でも役に立ちました。

WEB+DB PLUS

もちろん、このレベルの新人も世の中には沢山居るんでしょうが、自分はヘッポコなので読んでて大変です。

最近の記事ですと、「名前つけ大全集」や「自作キーボード入門」の記事は面白かったです。

最後に

以上、自分が新卒で就職してからの2年で読んだ技術書の紹介でした。

実はプログラミング言語の本とかはもう少し読んでるのですが、それはプログラミング言語に依存する内容になるので本記事では割愛しました。

もしもこの記事が自分と同じ様な駆け出しエンジニアの方の参考になれば何より幸いです。

ここまで読んで頂きましてありがとう御座いました。